PERSPECTIVES(大切な視点)

技術・アイデアが優れていても、
国による認可が下りなければその治療法は実施できません。
価格も制度により決められます。
その治療法を患者さんに届けるまでの販売と流通も規制があります。
計画通りに事業が進むとは限らないのです。
ヘルスケア分野におけるベンチャー投資が難しいのは、技術の専門性の評価もさることながら、制度の特殊性が加わることによりリスクが大きくなるからです。

私たちが大切にする視点、それは、技術の先にある製品としての市場での成功です。
私たちは、経験豊富なチームを核に、各分野の専門家のネットワークと連携して、投資案件の事業性を検討します。
患者さんはどこにいるのか?医療機関はどこがターゲットとなるか?競争環境をどう見るか?流通・普及上の課題は何か?価値に見合った価格はつくか?価格を実現するための開発戦略、薬事戦略となっているか?
こうした議論を通じ事業計画の妥当性を吟味するだけでなく、創業者やそのチームの情熱・覚悟も確認します。
開発から販売まで長きにわたり多くのハードルがあるヘルスケア市場。
技術の新規性や事業計画の美しさだけでは投資の成否は語れません。